タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

歌手・ミュージシャン部門の最新タレントパワー1位&上昇率1位は?

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

歌手・ミュージシャン部門の最新タレントパワー1位&上昇率1位は?

 タレントパワーランキング2021年2月度調査結果によると、歌手・ミュージシャン部門でタレントパワーが最も高いのは米津玄師。菅田将暉と初コラボした『灰色と青』(アルバム『BOOTLEG』収録曲)のミュージックビデオYou+Tube再生回数が1月に2億回を突破したことも話題になり、前回4位から順位を3つ上げた。4月スタートのドラマ『リコカツ』(TBS系)の主題歌を担当している。

 前回と同じく2位だったのが、サザンオールスターズ。桑田佳祐のソロ活動(3月には初のソロでの配信ライブなど)以外は2021年に入ってから大きな動きはないが、抜群の知名度の高さから順位を維持している。3位には星野源が前回6位から上昇。あいみょんも13位から5位に大幅ランクアップ。

 歌手・ミュージシャン部門でタレントパワーのスコア上昇率1位は、『夜に駆ける』のヒットで注目を集めたYOASOBI。昨年末のNHK『紅白歌合戦』にも出場して、幅広い年齢層で知名度がアップしたことが上昇要因になった。2位はNEWS。あいみょんは上昇率ランキングでも3位。SexyZoneの佐藤勝利が1月期の連ドラ『でっけぇ風呂場で待ってます』(日テレ系)でKis-My-Ft2の北山宏光とW主演の活躍を見せ、俳優としても注目を集めて4位にランクイン。9位はKing Gnu。2月から放映スタートしたNTTドコモ「5G」の新CMに楽曲『千両役者』を提供するともに、俳優の佐藤健と初共演して話題を集めた。

 

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?