タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

【男優・男性タレント版】タレントパワー急上昇ランキングTOP20

約 1 分

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

横浜流星、宮沢氷魚…2019年の躍進組がワンツーに

2019年8月度/最もタレントパワーを伸ばした男優・男性タレントは?

 2019年8月度のタレントパワーランキング調査結果が発表された。今回はタレントパワーの上昇率(男女・全年齢対象)が高かった男優・男性タレントのトップ20を紹介する。

 1位となったのは、横浜流星。今年は1月期のドラマ『初めて恋をした日に読む話』で脚光を浴び、『愛唄—永遠のナクヒト—』『チア男子!』など主演映画が連続公開。そして秋元康企画・原案の2クールドラマ『あなたの番です』の「反撃編」に6月末から出演。主演の田中圭とバディを組んで連続殺人犯を追う二階堂忍(どーやん)役を演じ、最終回の視聴率は19.4%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。そして10月期は『4分間のマリーゴールド』に出演。主人公一家の末っ子で料理男子の高校生・花巻藍(あい)を演じ、福士蒼汰、菜々緒、桐谷健太らと共演している。

 「19年の顔」とも言える横浜は、森永製菓「ダース」やワイモバイル「おトクなる一族」などCMにも起用が相次ぎ、写真集「流麗」は累計7万5千部突破と勢いが止まらない。

 2位は、元THE BOOMの宮沢和史を父に持つ宮沢氷魚だ。『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務めながら、ドラマ『コウノドリ』『トドメの接吻』などに出演。今年は7月期の『偽装不倫』で主演・杏の相手役となる伴野丈役に抜てきされ、世の女性を虜にした。来年1月には初主演映画『his』が公開、3月に舞台『ピサロ』で渡辺謙と共演するなど、まだまだ上昇気流が続く。

 3位に入ったのは佐藤寛太。佐藤は2015年に劇団EXILEに正式加入し、俳優として活動を開始。以降、『HiGH&LOW THE MOVIE』や『イタズラなKiss THE MOVIE

』などのシリーズに出演。今年6月には篠原涼子主演の映画『今日も嫌がらせ弁当』で太鼓に打ち込む高校生役を好演し、7月には2夜連続スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』で小芝風花演じるヒロインの恋人・山之内拓馬役を演じて注目された。

 4位には、小澤征悦と森永悠希が同率で並んでいる。小澤は今年、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』をはじめ、『ハケン占い師アタル』『アフロ田中』などの連ドラに出演。18年にUHA味覚糖「さけるグミ VS なが〜いさけるグミ」の連続ドラマ風CMが世界的にバズって以降、西武ハウス、ホテル東京ベイなどのCMでも目にする機会が増えている。

 森永は5月公開の映画『小さな恋のうた』でバンドに打ち込む高校生役を熱演。劇中バンドの一員として佐野勇斗、山田杏奈らとともに音楽番組にも出演し、見事なドラミングを披露した。また7月期は『TWO WEEKS』『ボイス 110緊急指令室』と2本の連ドラに出演して注目度を上げた。

 以降、ドラマ『凪のお暇』の中村倫也、『なつぞら』の中川大志、『TWO WEEKS』の磯村勇斗、『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』の萩原利久ら「いますぐブレイク候補!」で紹介した男優たちが並ぶ。ジャニーズ勢は重岡大毅(ジャニーズWEST)、河合郁人(A.B.C-Z)らがランクインしているが、なかでも注目なのがジェシー(ジャニーズJr./SixTONES)。「SixTONES」は来年1月にKing & Princeに続くジャニーズグループとしてCDデビューが決まっており、さらに認知を上げていくはずだ。

この記事を書いた人

泊 貴洋(とまり・たかひろ)
泊 貴洋(とまり・たかひろ)

ライター。演劇誌「演劇ぶっく(現・えんぶ)」、映画誌「ピクトアップ」の編集者を経てフリー。現在は『日経エンタテインメント!』『Pen』などの雑誌を中心に、俳優、女優、クリエイターらの取材・分析を行う。著書に『映画監督への道』『ゼロからの脚本術』(ともに誠文堂新光社)、『映画監督になる』シリーズ(演劇ぶっく社)など。テレビCMの研究も行い、『日経エンタテインメント!』に「CMフォーカス」を連載中(2013年〜現在)。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?