タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

10~20代における認知度が高いファッション誌専属モデルTOP20

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

10~20代における認知度が高いファッション誌専属モデルTOP20

 ファッション雑誌で活躍するモデルは、一般層ではドラマやバラエティ番組にも出演するようになってから知名度が上昇するが、読者ターゲットである10~20代の間では早い時期から高い認知を示しているケースも少なくない。今回は、タレントパワーランキングの最新調査(2019年8月度)結果から、10~20代男女の認知度が高かった専属モデル(レギュラーモデルを含む)のトップ20を発表したい。

1位は本田翼 西野七瀬もトップ10入り

 やはり女優・タレントとしても活躍しているモデルの認知度は高く、1位は10月スタートの連ドラ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(日テレ系)で主演する本田翼。最近はYou Tubeでゲーム実況を行って、さらに若い層での認知度が上がっている。元AKB48の小嶋陽菜、『王様のブランチ』(TBS系)などのMCでも活躍する佐藤栞里らも上位に入った。

 雑誌別で見ると、トップ20までに最多人数をランクインさせたのは『non-no』。9月まで放送されたドラマ『あなたの番です』(日テレ系)にも出演した元乃木坂46の西野七瀬が6位に入ったほか、結婚を発表して話題を集めた新川優愛、10月スタートの連ドラ『モトカレマニア』(フジ系)で主演する新木優子、「モグラ」(モデル+グラビアの二刀流)で脚光を浴びて現在はヒロイン女優として存在感を示している馬場ふみか、『Popteen』専属モデル出身で10月スタートの『おいしい給食』(TVK・TOKYO MX・BSトゥエルビほか)では初の教師役を演じる武田玲奈がトップ20にランクイン。層の厚さを感じる。ちなみに、2018年まで約8年間にわたって『non-no』専属をつとめ、桐谷美玲とともに同誌の看板モデルとして支持されたのが、ランキング1位の本田翼だった。

 人気の中心を担ってきた広瀬すずが2018年、永野芽郁は今年6月号で『Seventeen』専属を卒業したことから、『Seventeen』専属モデルで認知度最上位だったのは、『nicola』専属モデルを経て2018年8月号から『Seventeen』専属になった清原果耶。最近では、NHK朝ドラ『なつぞら』でも注目された。次いで認知度が高いのは、10月スタートの『新米姉妹のふたりごはん』(テレ東系)で主演する大友花恋となっている。

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?