タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

【速報】10代を引きつける男優・男性タレントTOP20

約 1 分

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

【速報】10代を引きつける男優・男性タレントTOP20

 新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、子どもたちが長らく「巣ごもり」状態に。それとともに増えたのが、テレビや配信動画などの視聴時間だろう。今のティーンは、どんな男優・男性タレントが出ていると「見たい」と思うのか。2020年2月度の調査結果をもとに、10代の男女を対象としたタレントパワーランキング「男優・男性タレント編」を紹介したい。

■トップはマツコ、菅田将暉、嵐の5人

 1位は、マツコ・デラックス。全世代を対象とした「タレントパワーランキング」でも1位常連のマツコが、10代の間でも強さを見せた。2位に入ったのは、菅田将暉だ。俳優としての活動に加え、歌手としても人気が高く、定額制音楽配信サービスなどで常に楽曲が上位にランクインしている。また、ニッポン放送の『オールナイトニッポン』でパーソナリティを務めていることも、10代に人気が高い理由だろう。
 3位から7位には「嵐」の5人が並び、国民的グループの健在ぶりを見せつけた。8位には竹内涼真、9位には新田真剣佑と20代のイケメン俳優2人がランクイン。竹内は今年、主演したTBS日曜劇場『テセウスの船』が盛り上がり、最終回は19.6%の平均視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。今年1月期の民放連ドラで最大のヒット作となった。新田は1月に『カイジ ファイナルゲーム』『サヨナラまでの30分』と2本の映画が公開。7月から2作連続公開される映画『るろうに剣心 最終章 The FINAL/The Beginning』に出演することでも話題を呼んだ。

■横浜流星、平野紫耀ら勢いのある若手も

 新田と同じ9位に大泉洋、その下の11位にムロツヨシがランクイン。バラエティでも人気の40代俳優が、10代の間でも高い支持を得ている。以降、12位に昨年末公開の映画『屍人荘の殺人』に主演した神木隆之介が入り、13位には1月期の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に主演した横浜流星とKing & Princeの平野紫耀が並んだ。
 以降、『恋はつづくよどこまでも』でさらに人気を高めた佐藤健(15位)、1月に主演映画『mellow』が公開された田中圭(17位)、2月からのドラマ『死にたい夜にかぎって』に主演する賀来賢人(18位)、2月公開の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』に主演の千葉雄大(19位)らが入っている。勢いのある俳優たちが並ぶのは、流行に敏感な10代ならではだ。
 意外に見えるのは、15位の中居正広。もともとバラエティ番組で全年齢に人気が高いことに加え、2月のジャニーズ事務所退所会見で改めて存在感を示したことが、タレントパワーの向上に繋がったのかもしれない。

この記事を書いた人

泊 貴洋(とまり・たかひろ)
泊 貴洋(とまり・たかひろ)

ライター。演劇誌「演劇ぶっく(現・えんぶ)」、映画誌「ピクトアップ」の編集者を経てフリー。現在は『日経エンタテインメント!』『Pen』などの雑誌を中心に、俳優、女優、クリエイターらの取材・分析を行う。著書に『映画監督への道』『ゼロからの脚本術』(ともに誠文堂新光社)、『映画監督になる』シリーズ(演劇ぶっく社)など。テレビCMの研究も行い、『日経エンタテインメント!』に「CMフォーカス」を連載中(2013年〜現在)。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?