タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

インセント所属の桜井日奈子

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊”ニッポン女優総研リポート 急上昇女優のプロファイリング  インセント所属の桜井日奈子

桜井日奈子 (さくらい・ひなこ)
1997年4月2日生まれ
岡山県出身
公式サイト⇒ インセント所属
ブログ⇒ オフィシャルブログ

 その美少女度の高さがネットで話題を集め、「岡山の奇跡」と呼ばれた、桜井日奈子。コロプラ「白猫プロジェクト」や大東建託「いい部屋ネット」のCMで活躍して、このコラムでも注目株として2015年11月号で初めてピックアップした。その後、2016年春に上京して、大学に入学。芸能活動も活発化した。

①認知度男性文中挿入版
認知度女性文中挿入版



 タレントパワーランキングの2016年5月度調査では、20~24歳女性の認知度は28%に達している(前回コラムで取り上げたときの2015年11月度調査では8%だった)。2016年5月からニベア花王「8×4ボディフレッシュ」のCMにも出演するようになったことも、若い女性における認知度上昇の要因のひとつとして考えられる。この時点ではまだドラマにも出演していなかったので、「白猫プロジェクト」と「いい部屋ネット」を含めた出演CMの浸透度がいかに高いかがわかる。

 2016年5~6月に大阪・梅田芸術劇場と東京・Zeppブルーシアター六本木で上演された舞台『それいゆ』で女優を夢見る中原淳一ファンの女学生役を演じて女優デビューしたのに続き、2016年7月クールの『そして、誰もいなくなった』(日テレ系)で連ドラ初出演。主人公の行きつけのバーに出入りする家出少女の君家砂央里役を好演している。


 なお、2016年9月発売の雑誌『girls!』では、地方出身女優が注目を集める理由を特集するとともに、代表する旬の存在として桜井日奈子に筆者がインタビューしているので、参照してほしい。

 本格的に女優としてのスタートを切ったことで、認知度はさらに上昇して、「CMの美少女」から「期待の女優」へ、桜井日奈子のイメージも変化していくだろう。

 桜井日奈子は、未完成の魅力をひめている。


 生まれ育った岡山の風土が育んだ素朴な魅力のベースに、東京での毎日を通じて吸収したものが新しい魅力の「色」として加わり、それらが混ざり合ったとき、彼女はどんなすてきな女優に変化していくのだろうか。

タレント個人/認知度/女優/2016年5月度 男性・年代別

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?