タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

テンカラット所属の中条あやみ

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

コラム 女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊”ニッポン女優総研リポート 急上昇女優のプロファイリング テンカラット所属の中条あやみ

中条あやみ (なかじょう・あやみ)

1997年2月24日生まれ

大阪府出身

公式サイト⇒ テンカラット所属

 NTTドコモ「dポイント」「dカード」、ハーゲンダッツ、大塚製薬「ポカリスエット」、花王「メリットピュアン」のCMに出演中。また、2016年2月に公開された映画『ライチ☆光クラブ』でヒロインを演じ、3月27日にオンエアされたスペシャルドラマ『ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~』(テレ朝系)でもヒロインの真理亜役を好演して、女優としても着実にステップアップしている。

 このコラムでは、今から約2年前、2014年7月号の「この若手女優が注目されている理由」で中条あやみについて紹介した。その後の順調な活躍を受けて、彼女のイメージはどのように変化したかをタレントパワーランキングが実施しているイメージワード調査の結果をもとに分析したい。

 前回このコラムで彼女について取り上げた2014年は、彼女が映画『劇場版 零~ゼロ~』で初主演して、新星として話題を集めた頃だ。この年に行ったイメージワード調査では、「ビジュアルが良い」(39.1%)、「清潔感がある」(34.8)、「親しみやすい」「かわいい」(ともに30.4)、「健康的な」「クールな感じ」(ともに17.4)が男女全体・全年齢で回答の割合が高かった上位ワードだった。当時は、明るいイメージの美少女というイメージを持っている人が多かったと言える。

 花王、「ポカリスエット」のCMに相次いで起用された2015年のイメージワード調査では、「ビジュアルが良い」「かわいい」(ともに32.6)の割合がほかのワードを大きく引き離して高いのは前年と同様だが、次いで、「演技力がある」が数字を20.9%まで伸ばして3番目に回答が多いワードに浮上。以下、「個性的な」「落ち着いた」「健康的な」が続いた。世間における女優としての認識が強まり、イメージもだんだん変化してきた。

 2016年2月度の最新調査では、「かわいい」(57.7)、「ビジュアルが良い」(55.1)のほか、「個性的な」の回答が目立っている。『ライチ☆光クラブ』の公開が始まる同時期ということもあり、今回は女優というよりもCMでのイメージが強かったようだが、今後、映画やドラマでヒロイン・主演での出演が増えると思われる女優であり、「演技力」「個性的な」「カリスマ性がある」「落ち着いた」「クールな感じ」といった女優のイメージに関連するワードが、さらに上昇するに違いない。

 

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?