タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

アミューズ所属の三吉彩花

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

上昇女優のプロファイリング アミューズ所属の三吉彩花

三吉彩花 (みよし・あやか)
1996年6月18日生まれ
埼玉県出身
公式サイト⇒ アミューズ所属
ブログ⇒ miyoshis style

 2015年10~12月放送の『エンジェル・ハート』(日テレ系)で連ドラ初ヒロインに挑戦している三吉彩花。筆者は彼女が13歳だった頃から次世代を担う主演女優候補として注目してきたが、着々と魅力的な女優に成長していて、個人的にもうれしい。このコラムでも連載がスタートして3回目の2013年5月号で取り上げたが、その後、出演作を重ねて、認知度がどのように変化したかを分析するとともに、女優としての今後を占いたい。


 彼女が16歳だった2012年11月度調査では、男女全体の認知度は4.1%だった。『Seventeen』のモデルとして10代の支持を集めるようになり、2013年8月度調査では15~19歳女性の認知度14は%に上昇。


 リクルート「タウンワーク」、資生堂「シーブリーズ」、森永製菓「ベイク」のCMにも出演して、正統派美少女系のルックスが注目を集め、2013年8月度調査では25~29歳男性と30~34歳男性の認知度も12%まで上昇した。

 2014年1~3月にはドラマ『ロストデイズ』(フジ系)で活躍して、同時期に行われた2014年2月度調査では15~19歳女性の認知度が20%に達した。

 10代の認知度の数字が大きく伸びるのが、『GTO』(フジ系)にレギュラー出演した2014年夏だ。10代前半の関心を集めた学園ドラマだったことから、2014年8月度調査では、10~14歳女性の認知度が32%となった。このとき、25~29歳男性の認知度も16%まで上昇している。

 2014年10月からは人気番組『メレンゲの気持ち』(日テレ系)の新MCとして起用され、幅広い層に知名度が拡大。2014年11月度調査では45~49歳女性の認知度も10%に上昇した。


 2015年3月から資生堂「TSUBAKI」のCMに福山雅治とともに出演。2015年8月度調査では、15~19歳女性の認知度は46%まで上昇している。連ドラヒロイン出演後に実施された2015年11月度調査では、幅広い年齢層での認知度上昇が期待される。

 データが示す通り、これまでは10代の知名度が抜群に高い女優だった。連ドラでの活躍が目立ってくるにしたがって、男性や30代以上女性の支持も高まると予想される。


 今後も、支持の中核になるのは同世代の女性だろう。三吉彩花は、恋愛ドラマのヒロインとの相性がいい、華麗で親しみやすい存在感を持つ女優だ。20歳を迎える2016年以降は、モデルとしての彼女に憧れてきた同世代女性も20代になるのに加えて、ドラマを通じて彼女に関心を持つ同世代女性も増えて、20代女性の認知度は、さらに上昇するのではないかと思われる。

タレント個人/時系列/2015年8月度~過去2年間 女性(15~19歳)

認知度・パワースコア

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?