タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

フラーム所属の松本穂香

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

注目!次世代女優ファイル フラーム所属の松本穂香

松本穂香 (まつもと・ほのか)
1997年2月5日生まれ
大阪府出身
公式サイト⇒ フラーム所属

 個性的な雰囲気を持つ、期待のニューフェイスだ。インテル「Skylake」のWebムービーに出演する。

 2015年1月、ロッテの公式サイトで配信されたショートムービー『LOTTE SWEET FILMS「MY NAME」』に主演デビュー。同年3月公開の三池崇史監督作品『風に立つライオン』にも出演。

 最近では雑誌『FINEBOYS』2016年1月号で、「双子コーデ女優図鑑」と題した特集ページに、所属事務所の先輩でもある有村架純と色違いのコートを着て登場して話題を集めている。

松本穂香の魅力と注目ポイント

 YoutubeのLotte Choco-motion TVで配信されている、LOTTE SWEET FILMS『MY NAME』に出演したときのインタビューでは、「いつか、人のためになる、支えになるような・・・すごい女優になりたいです」と語っている。そう話す姿から、個性が伝わってくる。



 筆者は雑誌『日経エンタテインメント!』2015年8月号の特集を執筆担当したときに、所属事務所の新人開発担当マネージャーに取材して、松本穂香についても話をうかがったことがある。スタッフが本人に直接会ったときの印象が個性的で、可能性を感じたという話を聞いた。事務所に入るときのオーディションでも、学校で演劇部に入っていたこともあって、彼女だけはほかの女の子とは違うアプローチで芝居をしたという。


 そうした話を聞いて、筆者が感じた「松本穂香」像は、自分がどういう人間かを的確に表現する力がある女の子であり、きっと「人と同じなのは嫌」な女の子なんだろうなということだ。どちらも、個性的な女優になるためには、非常に大切な要素だ。



 ボーイッシュな魅力も持つ彼女は、等身大の明るい女の子の役から、下級生が憧れるような宝塚歌劇団の男役的な凛々しさを秘めた女性の役まで、幅広い役柄が似合いそうだ。そして、それぞれの役に彼女らしい色を付けて演じてくれるに違いない。



LOTTE SWEET FILMS「MY NAME」

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?