タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

いますぐブレイク候補!〜男優編〜 眞栄田郷敦

約 1 分

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

国際的スターの遺伝子を受け継ぐ20歳

『GQ JAPAN』2020年6月号 Photographed by Maciej Kucia@AVGVST 
©2020 CONDÉ NAST JAPAN.All rights reserved.

 俳優デビューは2019年の映画『小さな恋のうた』(東映)。以降、『ノーサイド・ゲーム』(TBS)でドラマ初出演を果たし、映画『午前0時、キスしに来てよ』(松竹)にも出演して注目度を高めた新星が眞栄田郷敦だ。今年は3月にスペシャルドラマ『あと3回、君に会える』(カンテレ・フジテレビ)で山本美月と共演。7月からは『私の家政夫ナギサさん』(TBS)にレギュラー出演して現代っ子の新入社員・瀬川遙人を演じている。

体重20㎏増量など、ストイックな役作り

『GQ JAPAN』2020年6月号 Photographed by Maciej Kucia@AVGVST 
©2020 CONDÉ NAST JAPAN.All rights reserved.

 国際的アクションスターの千葉真一を父に、若手トップ俳優の新田真剣佑を兄に持つ眞栄田は、幼少期をアメリカ・ロサンゼルスで過ごし、極真空手全米体重別空手選手権で準優勝という経歴を持つ。中学時代から日本へ移り、高校時代はプロのサックスプレイヤーを目指していた。

 卒業後、19年に映画『小さな恋のうた』(東映)で俳優デビュー。才能がありながらも事故で他界する高校生ギタリスト・譜久村慎司役を好演した。この時、半年前から猛練習してギターを修得。劇中バンド「小さな恋のうたバンド」としてCDをリリースし、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)などでも演奏を披露した。

 そして7月からは、TBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に抜てきされ、主人公(大泉洋)がGMを務めるラグビーチームに加入し、再興の鍵を握る七尾圭太を熱演した。この時もストイックな役作りを行い、食事や筋トレで体重を20㎏増量、トップリーグの練習に参加するなどしたという。

 12月には映画『午前0時、キスしに来てよ』(松竹)に出演。橋本環奈演じるヒロインの幼なじみで、秘かに片想いを続ける一途な高校生・浜辺彰を演じた。

 今年は3月に『U-NEXT presents あと3回、君に会える』(カンテレ、フジテレビ)で山本美月演じるヒロインの相手役を務め、7月7日からは連続ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS)に出演。そのスピンオフドラマ『私の部下のハルトくん』(Paravi)で配信連続ドラマ初主演を飾っている。

 タレントパワーランキングのデータによると、認知度は19年11月度調査で22.7%だったが、最新の20年5月度では29.8%と着実に数字を上げている。特に女性の認知度が高く、5月度は40.7%。男性の18.9%と比較すると2倍以上となっている。

 女性のうち特に認知度が高いのは15~24歳と50~59歳で、いずれも50%超えのハイスコア。一方で、「見たい」「知りたい」の指標である誘引率は男性の方が高く、同性からも興味を持たれていることが分かる。

 イメージワードの1位は「男前な」で43.6%。2位は「力強い」で30%。3位は「クールな感じ」で28%。以降は「落ち着いた」「個性的な」「さわやかな」「ヤンチャな」などが続く。ちなみにイメージワードの相似タレントとしてはじき出されたのは、今井翼、鈴木伸之、神尾楓珠、高橋克典らだった。

 今後は、スキージャンプのテストジャンパー役に挑んだ『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(東宝)の公開が控える。今後もストイックな役作りと熱演に注目が集まりそうだ。


『GQ JAPAN』2020年6月号 Photographed by Maciej Kucia@AVGVST 
©2020 CONDÉ NAST JAPAN.All rights reserved.

眞栄田郷敦
2000年1月9日生まれ
アメリカ・ロサンゼルス出身
公式サイト:https://maeda-gordon.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/maedagordon/?hl=ja

所属事務所:G&F

この記事を書いた人

泊 貴洋(とまり・たかひろ)
泊 貴洋(とまり・たかひろ)

ライター。演劇誌「演劇ぶっく(現・えんぶ)」、映画誌「ピクトアップ」の編集者を経てフリー。現在は『日経エンタテインメント!』『Pen』などの雑誌を中心に、俳優、女優、クリエイターらの取材・分析を行う。著書に『映画監督への道』『ゼロからの脚本術』(ともに誠文堂新光社)、『映画監督になる』シリーズ(演劇ぶっく社)など。テレビCMの研究も行い、『日経エンタテインメント!』に「CMフォーカス」を連載中(2013年〜現在)。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?