タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

太田プロダクション所属の太田唯

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

注目!次世代女優ファイル 太田プロダクション所属の太田唯

太田唯 (おおた・ゆい)
1995年9月25日生まれ
奈良県出身
公式サイト⇒ 太田プロダクション所属
twitter⇒ @smiley0925

 太田プロダクション期待の新鋭女優である。筆者は現在発売中の雑誌『girls!』47号のインタビューで彼女に初めてお会いしたが、表情の豊かさと言葉の選び方のセンスに女優としての高い可能性を感じた。

子役の経験があり、ドラマ『新・科捜研の女』『新・京都迷宮案内』(ともにテレ朝系)、任天堂「ヨッシーアイランド」のWeb広告などに出演した。

高校を卒業して、本格的に女優の道を歩むことを決断。

雑誌のオーディション会場で現在の事務所のマネージャーに会ったことがきっかけとなり、2015年10月から太田プロダクションに所属となった。

魅力と注目ポイント

 多くの人に愛されそうな、親しみやすい人柄が印象的で、彼女自身も「初めて会う人にも気さくにしゃべることができます」(『girls!』47号)と語っている。

 新鮮で爽やかな存在感は、のどかな初夏の情景をイメージさせ、癒やしの魅力を与えてくれる。太田プロダクションの先輩タレントにあたる山咲トオルは、自らのブログの中で、事務所で太田唯に会った印象を「柑橘系」と表現している。
 
 奈良の自然が多い中でのびのびと育ったという太田唯は、上京して女優を目指すことになったときに、地元の友人から「ど田舎のシンデレラだね」と言われたという。素朴さが彼女の魅力のひとつで、地方を舞台にした素朴な人物が登場する映画が増えている昨今の状況を考えると、女優としての強みになるだろう。
 
 また、あどけなさが残るルックスも、彼女の持ち味になっている。少女漫画を原作とする作品が増えて、制服を着たヒロインを演じる女優のニーズが高まっている中で、青春系の役柄をナチュラルに演じることができる見た目を持っているというだけでなく、同時に、実年齢の20代ならではの大人っぽさとしっかりとした知的な魅力もひめているからこそ、内面も魅力的なヒロイン像を表現できるはずだ。
 
 これからも、背伸びをせずに、その持ち味を生かした、演技からカラフルな色彩を感じさせるような女優になってほしいと思う。

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?