タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

<対談 前田亜美・藤江れいな> 映画『アニメ女子・外伝~藍の翼・カーレッジ~』が2019年1月5日公開

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

<対談 前田亜美・藤江れいな> 映画『アニメ女子・外伝~藍の翼・カーレッジ~』が2019年1月5日公開

 アニメ映画の制作にかかわることになった女子たちを主人公とするオムニバス映画『アニメ女子・外伝~藍の翼・カーレッジ~』が2019年1月5日に公開される。この映画では元AKB48・JKT48の高城亜樹、元AKB48の前田亜美、元AKB48・NMB48の藤江れいながトリプル主演。高城がプロデューサー役、前田が声優役、藤江が脚本家役を演じる。前田亜美と藤江れいなに、映画のみどころを聞いた。

――今回公開されるオムニバス映画『アニメ女子・外伝~藍の翼・カーレッジ~』は、演じながら、どのようなことを感じましたか?

藤江れいな 私が演じる琴葉という女の子は、夢をつかむために家族の介護をあきらめないといけないとういう状況に直面して、かなり勇気のいる決断だろうなと演じながら感じました。そこから生まれる物語もあるので、その決断をした彼女がかっこいいなと思いました。私も琴葉からいっぱい勇気をもらいました。同じような悩み抱えている人が、世の中には実際にたくさんいると思うので、この映画を通じてそういう人の背中を押してあげることができたらうれしいなって。

前田亜美 私が演じたのは声優の役だったので、アイドル時代のくやしさやライバルがいることとか、重ね合わせられる部分も多かったので、演じやすかったです。私が演じたパートは恋愛の要素もちょっと入っていたりしてポップな内容だったので、れいにゃん(藤江れいな)たちほかの2人が主演した話も同じような感じなのかなと思っていたんです(笑)。でも、完成した映画で見たら、2人の話はシリアスで重い内容だったので、意外でした。だけど、3人が演じた主人公が伝えたい、夢をあきらめないというメッセージは、同じだなって。

藤江 亜美のことは、AKB48に入ったばかりの、ちっちゃかった頃からよく知っているので、その亜美が恋愛モノを演じる年齢になったんだなというところに心が動かされます(笑)。お母さんみたいな気持ちで見ていて、ぐっと心にしみました。

前田 私もふだんのれいにゃんを知ってるので、演技だとこういうふうに怒るんだなと思いました。

――高城亜樹さんが演じたプロデューサー役については、どうでしたか?

藤江 あきちゃ(高城亜樹)は、いつものあきちゃらしさも出ているプロデューサー役で、はまり役でしたね。

前田 プロデューサーを支える人がいることも描かれていて、3人がそれぞれ主演したエピソードを見て、改めていろんな人に支えられているんだなということを感じました。

――おふたりは、グループでアイドルとして活動していた頃は、どういう関係だったのですか?

藤江 亜美は、妹みたいな存在でした。AKB48に入ってきた頃から、可愛がってました。誕生日プレゼントも毎年あげてました。

前田 当時は私が最年少でしたが、れいにゃんは加入時期や年齢が近かったこともあって、すごいかわいがってくれました。海外公演のときに、2人部屋で一緒になったこともあります。

藤江 そうだったね。じゃんけん大会で上位に入ったメンバーで歌った『上からマリコ』というシングルだったり、なんだかんだ、亜美ちゃんと一緒になることが多かったです。

前田 れいにゃんは、当時と全然変わってないです。最後に3人が一緒に出演するシーンの撮影で、あきちゃとも久しぶりに会って、あきちゃも昔ままだったので、安心しました。同窓会みたいでした。

藤江 この映画がきっかけで、3人のグルーブラインができたんですよ。3人ともマイペースなので、今のところ、まったく動きがないですけど(笑)。

――今回の映画を通じて、お互いの女優としての姿について、どう思いましたか?

藤江 亜美は舞台では頑張ってますけど、映像のお芝居は卒業後この映画が初めてだと聞いて、意外でした。魅力的な表情をしていたので、もっと画面でも亜美の演技が見たいなって思いました。

前田 素材がすごくいいです、れいにゃんは。今回の映画でも、れいにゃんの素材の良さや人の良さが、役に重なって伝わってきたので、これからも、れいにゃんらしさをいかした演技を見てみたいです。

■映画『アニメ女子・外伝~藍の翼・カーレッジ~』
2019年1月5日公開
原案・プロデュース:村上恒一
監督:菅学
出演:高城亜樹 藤江れいな 前田亜美 ほか

 

  

前田亜美(まえだ・あみ)
誕生日 1995年6月1日
出身地 東京都
所属事務所 オスカープロモーション
公式ブログ https://ameblo.jp/amimaeda-blog/
公式ツイッター https://twitter.com/ami__maeda0601
公式インスタグラム https://www.instagram.com/ami___maeda0601/

 

藤江れいな
誕生日 1994年2月1日
出身地 千葉県
所属事務所 イトーカンパニー
公式サイト http://www.itoh-c.com/group/profile/prof_s/fujie/
公式ブログ https://ameblo.jp/reina-fujie/
公式ツイッター https://twitter.com/nya_n017
公式インスタグラム https://www.instagram.com/01nyan0201/

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?