タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

【速報】男優・男性タレント部門男女別TOP20 男性人気は大泉洋や阿部寛、女性に愛されるのは?

約 1 分

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

【速報】男優・男性タレント部門男女別TOP20
男性人気は大泉洋や阿部寛、女性に愛されるのは?

 2020年6月発売の雑誌『日経エンタテインメント!』で、「タレントパワーランキング2020」が発表になった。そのデータは2月度調査をもとにしたものだったが、6月下旬、5月度調査の結果が発表に。そこで今回は、5月度調査をもとに、最新の男優・男性タレント部門タレントパワーランキングを紹介したい。

男性対象TOP20

女性対象TOP20

 今回は男性の間では誰が人気で、女性の間では誰が愛されているのかが分かるよう、調査対象を男性、女性それぞれに絞ったランキングを発表する。
 1位は、男女いずれもマツコ・デラックス。近年は首位常連、圧倒的な強さを誇る。
 2位は、男性では阿部寛、女性では相葉雅紀が射止めた。阿部は女性のトップ20では圏外。近年はドラマ『下町ロケット』『まだ結婚できない男』など、男性の共感を得やすい作品が続いており、幅広い男性からの支持を得ているようだ。相葉は、CM起用社数男性タレント1位の人気を誇る上、4月4日放送の『天才!志村どうぶつ園』での志村けん追悼コメントなどが反響を呼んだ。
 3位は、男性では大泉洋、女性では山下智久という結果に。大泉は女性では順位を落として9位にランクイン。かつては女性人気が高かった大泉だが、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』での熱演や芸人に負けないトークスキルで男性ファン獲得に成功している。一方の山下は男性では8位で、女性人気が特に高いことがうかがえる。今春は15年前のドラマ『野ブタ。をプロデュース』の特別編が放送されて高視聴率を記録。また海外ドラマ『THE HEAD』での世界進出なども話題になった。
 山下と同様、女性人気の高さを見せつけたのが、佐藤健、平野紫耀、千葉雄大、山﨑賢人、生田斗真、田中圭といったイケメン俳優たちだ。

 佐藤は1月期のドラマ『恋はつづくよどこまでも』が最終回で15.4%の高視聴率を記録し、「LINE」「Sugar」といったSNSを活用した話題作りにも成功。満を持して3月にYouTubeチャンネルを開設すると、すぐに登録者数100万人を突破し、6月末には187万人を突破している。
 平野は4月期の中島健人とのW主演ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』が放送延期となったが、代わりに放送された『野ブタ。をプロデュース』の前後に出演してコメントや体操などを披露。ジャニーズ事務所メンバーとの「手洗い動画」やチャリティーソング『smile』への参加でも存在感を放った。

 千葉雄大は、2月公開の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』や、4月からのNHKドラマ『いいね!光源氏くん』に主演。山﨑賢人は2月に高畑充希とのW主演映画『ヲタクに恋は難しい』が公開され、4月からは主演ドラマ『グッド・ドクター』が再放送と、それぞれ山を作った。
 生田斗真は、6月の清野菜名との結婚報道が、今後の女性支持にどのように影響を与えるのか気になるところだ。
 田中圭は、1月に主演映画『mellow』が公開され、1月期の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演。3月には中村倫也と兄弟役を演じたスペシャルドラマ『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』が放送された。

 このように見ると、女性からの支持が高い男優は、ソフトで繊細なイメージを持つ男優が多い。一方で、男性のトップ20のみに入った面々をピックアップすると、ベテランの実力派俳優や、ユーモアが持ち味のタレントが目立つ。唐沢寿明、高田純次、岡田准一、竹中直人、西田敏行、香川照之らがそうだ。映画やドラマでは中心人物を託され、バラエティに出ればトークやキャラクターが面白いという二刀流の才能も多い。男が好きな男は、「仕事ができて面白い」という理想の上司的存在なのかもしれない。

この記事を書いた人

泊 貴洋(とまり・たかひろ)
泊 貴洋(とまり・たかひろ)

ライター。演劇誌「演劇ぶっく(現・えんぶ)」、映画誌「ピクトアップ」の編集者を経てフリー。現在は『日経エンタテインメント!』『Pen』などの雑誌を中心に、俳優、女優、クリエイターらの取材・分析を行う。著書に『映画監督への道』『ゼロからの脚本術』(ともに誠文堂新光社)、『映画監督になる』シリーズ(演劇ぶっく社)など。テレビCMの研究も行い、『日経エンタテインメント!』に「CMフォーカス」を連載中(2013年〜現在)。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?