タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

「JREポイントカード」CM出演中の君島光輝がpalet時代に育んだ魅力

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!


 2010年にAKB48が初めてミリオンセラーを達成して国民的なアイドルになって以来、女性アイドルブームが巻き起こり、そして、時は流れてここ数年はブームを牽引してきた各グループのメンバーが卒業して、新たな夢の道が踏み出している。JR東日本の「JREポイントカード」にショッカーたちと出演して、明るくコミカルに活躍する君島光輝は、2015年までアイドルグループ「palet」の人気メンバーだった。

君島光輝は正統派ビジュアルアイドル「palet」の元メンバー

 PASSPO☆の妹分として生まれたpaletは、「透明感溢れる正統派ビジュアルの王道アイドルユニット」をコンセプトとするグループ。かつて彼女がグループに在籍していた頃、ネット上でアイドルファンが「一番ビジュアルがよくて、メンバーがかわいいアイドルグループは」というテーマで議論していたときに、最初に名前が挙がってきたのが、paletだった。君島光輝の華のあるルックスは、間違いなく女優向きであり、今後の活躍が期待される。

 筆者は『日経エンターテインメント!』2017年5月号で彼女にインタビューした(palet時代にも取材の現場でお会いしたことがある)。彼女は、終始、笑顔で話してくれた。CMでも発揮されている、親しみやすいキャラクターは、アイドル出身女優ならではのものと言っていい。彼女も、ファンと触れ合う機会も多かったアイドル時代に感じたこととして、「発信するお仕事は、やっている側が楽しくないと、見ている方も楽しくないって思うんです」(『日経エンタテインメント!』2017年5月号)と語った。

 アイドル時代に人前に立って活動したことで自分の見せ方を研究できたとともに、大胆に演じる度胸も身についたに違いない。アイドル時代を過去のできごとと考えるのではなく、アイドルとしての活動を通じて得たものを女優として自分が進む中で活かそうとしている彼女の姿は、女優を目指している後輩アイドルたちにも勇気を与えるだろう。

君島光輝は5月に上演される舞台『エンブリオ』に出演

 5月17日から21日まで新宿・シアターサンモールで上演される舞台『エンブリオ』にも出演する。未来の東京で、奇妙な花の繁殖で都市機能を停止した新宿で、影響を受けなかった特定の年齢の少女たちだけが、生き続けるという物語。着実に女優として成長を見せている君島光輝が、どのような演技を見せるか、注目したい。

君島光輝(きみしま・みつき)
公式サイト http://talent.platinumproduction.jp/kimijimamitsuki
誕生日   1994年8月10日
出身地   東京都
所属事務所 プラチナムプロダクション
血液型   AB型
特技    変顔、ブラインドタッチ、煮物料理を作ること
趣味    観劇・映画鑑賞、孤独を楽しむこと、チョコレートを365日食べること

2012年から2015年までpaletのメンバーとして活躍。ドラマ『人形佐七捕物帳』(BSジャパン)、映画『デスフォレスト3』『デスフォレスト4』、舞台『AKIRA』『遙かなる時空の中で5 風花記』などに出演。トヨタ「T-up」のCMにも出演中。

 

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?