タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

20代前半女性の認知度回答で上昇率3位!☆吉倉あおい

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊ニッポン女優総研リポート” この若手女優が注目されている理由 20代前半女性の認知度回答で上昇率3位!☆吉倉あおい

吉倉あおい (よしくら・あおい)

1994年11月26日生まれ

神奈川県出身

公式サイト⇒ スターダストプロモーション所属

ブログ⇒ 「from A」

 タレントパワーランキングの2016年2月度調査で、20~24歳の女性において認知度が上昇した女優・女性タレントの3位にランキングされたのが、日産自動車「DAYZ」のCMなどでおなじみの吉倉あおいだった。2015年11月に公開された映画『忘れ雪』、2016年1月にオールナイト上映された『鬼談百景劇場版』など、女優としての活躍も増えたことによって、幅広い層から注目されたのだと思われる。

 10代の頃は『ピチレモン』の専属モデルとして人気を集めた吉倉あおいは、現在、『with』『mina』のレギュラーモデルとして活躍中。2012年には『mina』の表紙を当時最年少記録だった17歳で飾り、話題となった。

 また、2014年4月から2015年3月まで1年間、『バイキング』(フジ系)の毎週月曜日にレギュラー出演して、親しみやすいキャラクターが注目を集めた。

 スレンダーなプロポーションでモデルとして活躍する一方で、テレビ番組やCMで見せる、抜群に爽やかな、涼しさを運んでくれるかのような存在感が、彼女の持ち味となっている。

 日産のCM“THE MAGICAL TUNNEL 日産デイズ技術”篇では、イルミネーションの光が照らすトンネルの中を行く車のドライバーとして出演して、同乗する仲間たちと笑い合う笑顔が印象的だ。

 女優としてもドラマ『ガリレオ』(フジ系)、『ぴんとこな』(TBS系)、『学校のカイダン』(日テレ系)などさまざまな作品に出演してきたが、筆者が印象に残っているのは、2013年に公開された映画『スクールガール・コンプレックス放送部篇』だ。森川葵と門脇麦がW主演して森川が女優としての才能を開花させた映画でもあるが、吉倉は放送部の副部長・小田カズミ役を演じ、凛とした雰囲気が光っていた。

 当時の彼女はまだ10代だったが、21歳になった今、また違った魅力が出てきていることは、言うまでもない。

 2016年4月からは『朝だ!生です旅サラダ』(ABC・テレ朝系)に、海外の旅をリポートする「旅サラダガールズ」としてレポートレギュラー出演している。活躍のエリアを拡大している彼女は、マルチに活躍できる若手として、今後さらにニーズが高まるに違いない。

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?