タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

10代ラストイヤーに新しい魅力を見せる☆山谷花純

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊ニッポン女優総研リポート” この若手女優が注目されている理由 10代ラストイヤーに新しい魅力を見せる☆山谷花純


山谷花純 (やまや・かすみ)

1996年12月26日生まれ

宮城県出身

公式サイト⇒ エイベックスヴァンガード所属

ブログ⇒ 「Yamaya’s Diary」

 山谷花純は、2007年にエイベックスが主催するオーディションに合格して、芸能界入りした。2008年、月9ドラマ『CHANGE』(フジ系)の生徒役で女優デビュー。同年に放送された昼ドラ『ラブレター』(TBS系)で初めてセリフがある役を演じた。このときに彼女が小学生時代を好演した越智陽子役は、中高生時代を剛力彩芽、オトナになってからを金子さやかが演じた。

 映画『告白』『悪の教典』『劇場版 零』『寄生獣』、ドラマ『鈴木先生』(テレ東系)、『おひさま』『あまちゃん』(NHK)などに出演。2014年に放送された『ファーストクラス』(フジ系)ではインターンのデザイナー・佐丹野結衣役を演じたほか、2015年2月から2016年2月に放送されたスーパー戦隊シリーズの『手裏剣戦隊ニンニンジャ‐』(テレ朝系)でモモニンジャー/百地霞を演じて注目を集めた。愛らしさと大人っぽさと両方を持ち、演技力があることから、悪女系のちょっといじわるな役柄から、正義の味方まで幅広い役柄が似合う。

 現在19歳にして、女優デビューして9年目という豊富なキャリアの持ち主で、実力派として活躍する山谷花純。10代ラストイヤーとなる2016年に、彼女は新しい魅力を見せている。

 2月6日には初の写真集『baby’s breath』を発売した。9月には舞台『瞑るおおかみ黒き鴨』に出演。東京公演が9月1~11日に天王洲・銀河劇場、大阪公演が9月19・20日に森ノ宮ピロティホール、北九州公演が9月22日北九州芸術劇場大ホールで上演される。

 今から8年前、筆者がMCを担当していたスカパー!・エンタ!371(現・アイドル専門チャンネルPogoo)の女優情報番組『女優系美少女リポート』にゲスト出演してもらったことがある。山谷花純は女優デビューしたばかりで、当時12歳だったが、既に雰囲気の中に「女優らしさ」を感じさせる存在感があったことを覚えている。

 そして、2016年になり、彼女は注目の実力派若手女優のひとりに浮上した。写真集、舞台という新たなジャンルにも挑戦して、12月26日にやってくる20歳の誕生日まで、彼女は10代のラストスパートを、まっすぐ、駆け抜ける。

山谷花純 イメージ掲載版

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?