タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

凛とした15歳の新・美少女、八木莉可子

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊ニッポン女優総研リポート” この若手女優が注目されている理由 凛とした15歳の新・美少女、八木莉可子

八木莉可子 (やぎ・りかこ)

2001年7月7日生まれ

滋賀県出身

公式サイト⇒ エイジアクロス所属

 2015年に行われた「#THE NEXT エイジアクロスモデルオーディション2015」でグランプリに輝き、2016年、初めて受けたオーディションだった大塚製薬「ポカリスエット」CMに抜擢された、期待の新星。ドラマ『時をかける少女』(日テレ系)で主人公と同じ高校に通い、ネットアイドルもしている大西敦美役で女優としてもデビューした。宣伝会議コピーライター養成講座の新イメージキャラクターに起用されたほか、AC‐NHK合同キャンペーン「フリをする女の子」に欅坂46の平手友梨奈とともに出演している。

 ポカリスエットのCM初登場となった「エール」編では、ラストカットでメガネを外すシーンが話題を集めた。スラリとした長身の美少女で、CMで見せる凛とした立ち姿が美しく、眼力の強さが印象的だ。

 その存在感のインパクトは、ドラマ初出演となった『時をかける少女』でも十二分に発揮されている。彼女のようなタイプは、同世代にはあまりいないので、今後も引っ張りだこになりそうだ。

メージ男性掲載版
イメージ女性掲載版

 タレントパワーランキングの2016年度最新イメージワード調査によると、男性と女性では彼女に対して抱いているイメージに違いがあるようだ。男性の回答では「品がある」「落ち着いた」「親しみやすい」「個性的な」の割合が高かったのに対して、女性の回答では「健康的な」「親しみやすい」「かわいい」「個性的な」「クールな感じ」などが目立った。

 今はまだ「どういう女のコなんだろう?」というミステリアスな存在になっていて、人によっていろんなイメージを持たれているのかもしれない。

 筆者は、雑誌『日経エンタテインメント!』2016年7月号で八木莉可子にインタビューした。素顔の彼女は、滋賀弁混じりで話す、笑顔が魅力的な中学生らしい魅力を持った女のコだ。

 今後さまざまな役柄を演じるようになって、そうした等身大の15歳の魅力の一面も発信するようになれば、CMやドラマで見せる、クールで落ち着いた雰囲気とのギャップでも注目を集めるに違いない。

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?