タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

「主演女優の登竜門」でも活躍した期待の新星☆永野芽郁

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊ニッポン女優総研リポート” この若手女優が注目されている理由 「主演女優の登竜門」でも活躍した期待の新星☆永野芽郁

永野芽郁 (ながの・めい)

1999年9月24日生まれ

東京都出身

公式サイト⇒ スターダストプロモーション所属

ブログ⇒ 「ひなたぼっこ中」

 若手女優の登竜門のひとつである「全国高等学校サッカー選手権大会応援マネージャー」は、そのときの旬の若手を選出して、これまでには堀北真希・新垣結衣・川島海荷・川口春奈・松井愛莉・広瀬すずらが起用されてきた。2015~2016年の94回大会で11代目応援マネージャーに選ばれたのは、現在16歳の永野芽郁だ。

 現在は月9ドラマ『いつか子の恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジ系)に船川玲美役で出演中。

 小学校3年生のときに東京・吉祥寺でスカウトされ、2010年から雑誌『ニコ☆プチ』のレギュラーモデルとして活躍。2013年からは『nicola』の専属モデルとなった。女優としても2010年放送の『ハガネの女』(テレ朝系)で吉瀬美智子が演じた主人公の少女時代を演じ、2010年7月に公開された映画『私の優しくない先輩』では川島海荷が演じたヒロインの少女時代役で出演。2013年放送の大河ドラマ『八重の桜』では玉山鉄二が演じた山川浩の妹にあたる常盤の少女期を好演。2015年公開の映画『繕い裁つ人』にも出演して、着実に女優としてステップアップを見せてきた。

 永野芽郁が注目を浴びるきっかけとなったのは、2015年10月に公開された映画『俺物語!!』だった。この映画で彼女は、鈴木亮平が演じた主人公・剛田猛男に街で助けられて一目惚れしてしまう、ヒロインの大和凛子を好演した。

 32歳の鈴木が演じた全く高校生には見えない豪傑な日本男子と、等身大の永野が演じたピュアな女子高生との純愛のインパクトが話題を集めた。番宣のテレビ番組にも多数出演して、知名度は急上昇を見せた。 爽やかな笑顔が魅力的な女優だ。彼女の笑顔は、見ている人をやさしい気持ちにさせる。

イメージ全体(全年齢)



 タレントパワーランキングの最新イメージワード調査でも、「かわいい」「清潔感がある」「素直そう」「親しみやすい」などの数値が高かった。「落ち着いた」の数値も高いのが特徴的だ。好感度が高く、今後はCM起用も増えそうだ。

 これからさまざまな役を演じて、女優としてのイメージがどのように変化していくのかが楽しみな、期待の逸材である。2016年は、永野芽郁の活躍から、目が離せなくなるだろう。

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?