タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

『3泊4日、5時の鐘』で映画初主演した個性派☆小篠恵奈

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

女優評論家・高倉文紀が分析する”月刊ニッポン女優総研リポート” この若手女優が注目されている理由 『3泊4日、5時の鐘』で映画初主演した個性派☆小篠恵奈

小篠恵奈 (こしの・えな)

1993年11月24日生まれ

東京都出身

公式サイト⇒ フラーム所属

 2015年9月19日に公開された『3泊4日、5時の鐘』(監督・三澤拓哉)で映画初主演(W主演)している小篠恵奈は、デビュー当時から筆者がその個性的な存在感に注目してきた女優のひとりだ。この映画では、茅ヶ崎に佇む老舗旅館で行われる旅館の長女の結婚パーティーに出席するために訪れた花梨という自由奔放な性格の女性を演じている。

 女優に憧れ、高校生のときに現在の所属事務所のオーディションに応募。2012年に放送されたドラマ『クレオパトラな女たち』(日テレ系)に連ドラ初レギュラー出演。12年公開の映画『ふがいない僕は空を見た』(監督・タナダユキ)では、永山絢斗が演じた主人公・卓己のクラスメート・あくつ純子役を演じた。東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門最優秀作品賞に輝いた『ももいろそらを』(監督・小林啓一、2012年公開)でも活躍。2014年公開の『花宵道中』(監督・豊島圭介)では主人公の妹分の遊女・八津を好演して注目された。また、芳根京子が主演した映画『物置のピアノ』(監督・似内千晶)では芳根が演じた主人公の姉を演じた。


 最近では、2015年3月に公開されて大ヒットを記録した映画『ストロボ・エッジ』(監督・廣木隆一)にも出演した。

 デビュー当時には、同じ事務所に所属する有村架純や藤原令子とともに「フラーム3人娘」として注目され、合同ファンイベントを開催したこともあるが、有村や藤原とはタイプが異なり、小篠恵奈はシャープな切れ味をひめた個性派である。孤高な人、自由なキャラクターがよく似合う女優で、多くの映画でその片鱗を見せてきた。その一方で、素顔の彼女は親しみやすく、演技をしているときとは違った表情を見せる。

小篠恵奈イメージ男性
小篠恵奈イメージ女性



 タレントパワーランキングの2015年度イメージワード調査結果では、男性の回答では「親しみやすい」「個性的な」「かわいい」「健康的な」などの割合が高く、女性の回答では「個性的な「親しみやすい」「健康的な」「活発な」などの割合が高かった。スクリーンを通した女優としての魅力、オフショットなどから伝わってくる素顔の魅力、その両方において支持されていることを、データ結果が示している。

 筆者が彼女に雑誌の取材でインタビューしたのは3年前だが、当時から演技に対して、まっすぐに向き合っている姿が印象的だった。見る人を惹きつける存在感と抜群の想像力で、女優・小篠恵奈が、もうすぐ開花しようとしている。

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?