タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

「マジカル・パンチライン」最年少メンバー・小山リーナがかけたい「魔法」とは?

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

タレントパワーランキング発旬のアイドルインタビュー
小山リーナ(マジカル・パンチライン)【前篇】

 10月12日に2ndワンマンライブのチケット先行受付がスタートしたマジカル・パンチラインは、タレントや雑誌専属モデルとしても活躍する佐藤麗奈が衣装デザインやメンバー選定にも携わって、2016年に結成されたアイドルグループ。魔法をコンセプトにしたユニークな世界観が支持されといるマジカル・パンチラインは、2016年7月にポニーキャニオンからミニアルバム『MAGiCAL PUNCHLiNE』を発売してメジャーデビュー。2017年8月には1stシングル『パレードは続く』がリリースされ、12月9日に2ndワンマンライブが開催されることも決定した。

 現在中学3年生の小山リーナは、マジカル・パンチラインの最年少メンバー。無邪気な笑顔と、雑誌『LOVE berry』でも活躍しているモデル性の高さが印象的な彼女は、アイドルの王道の魅力も持ちながら、未来派少女っぽさも感じさせ、男女両方から支持されてアイドルの新しい歴史を作り出す可能性をひめた注目の新星だ。

PART1 マジカル・パンチライン&ソロ活動について
佐藤麗奈さんとは、レッスン初日にタメ語になりました(笑)

――この世界には、子供の頃から興味があったのですか?

子供のころにはモデルさんや女優さんにあこがれてたんですけど、だんだん学校で遊ぶことに熱中するようになってきて、その夢を一時、忘れてました。でも、雑誌のモデルオーディションがあって、お姉ちゃんに「うけてみたら?」と言われて。そのときは最終候補まで行ったんですけど落ちちゃったので、悔しくて、「絶対にモデルさんになるぞ」っていう気持ちが強くなってきました。そして、東京の竹下通りでスカウトしていただいて、今の事務所に入りました。

――それから、事務所に所属している女の子たちからマジカル・パンチラインのメンバーを選ぶオーディションがあって、受けたんですよね。

はい。合格して、今にいたります(笑)。

――マジカル・パンチラインのメンバーになったばかりのころに、リーダーの佐藤麗奈さんから言われたことで覚えているのは?

麗奈ちゃんは、メンバーのみんなにとって憧れで遠い存在でしたが、初めてのレッスンで「タメ語でいいよ」と言ってくれて、その瞬間から「オッケー」って、身近な関係に変わりました(笑)。

――グループでの活動を振り返って、印象に残っていることは?

初めてステージに立ったときは、何も覚えてないくらいに緊張してました。でも、だんだんライブを重ねていくうちに、自分を見せられるようになって、楽しく感じるようになりました。大きいステージでパフォーマンスしているときが、一番楽しいです。

――マジカル・パンチラインは、どういう魅力を持ったグループだと思いますか?

ひとりひとりのメンバーの個性が強い、っていう印象があります。みんな違うキャラクターを持っています。魔法感も強くて、ほかのアイドルさんよりもコンセプトが細かいという自信がありますね。

――『LOVE berry』のモデルとしても活躍中ですが、初めてモデルのお仕事をしたときの印象は?

いろんなお洋服を着て、初めての世界でした。最初は緊張してましたが、何回か撮影に行くうちに、友達もできて、今ではすごい楽しいなあ、って思います。

――ソロでは、これからどのような活動をしていきたいですか?

雑誌にモデルさんとしてたくさん出たり、CMにも今後出られたらいいなと思います。そのために、いろいろファッションについても研究したいです。演技も勉強したいです。明るくやっていきたいので、これからもこの明るさと元気を私のウリにして、頑張っていきたいな、って。

――バラエティ番組も、明るいキャラクターを活かせるのでは?

はい。幅広い活動ができたらいいなと思います。

PART2 リーナちゃんの素顔にせまるために、いろんな質問をしました。
佐藤麗奈ちゃんとメンバーみんなでカフェに行きたい

(c)カメラマン:はぎひさこ/双葉社『girls!』

Q 自分の性格を家電製品にたとえると?

照明。明るいオーラで、みんなを照らしたいので(笑)。

Q マジカル・パンチラインのリーダー・佐藤麗奈さんに、ひとこと。

今度、ぜひ二人で遊びに行きましょう(笑)。二人じゃなくてもいいので、メンバーと一緒に、カフェとかに行きたいです。

Q 魔法を1つ、かけられるとしたら?

みんなを集める魔法。ライブ会場に、たくさんの人を寄せちゃう(笑)。マジカル・パンチラインのライブは、ダンスがキレキレで、歌も魔法感が強いマジカル・パンチラインならではの歌詞が出てきたりするので、その世界観に浸ってほしいな、と思います。

後篇ではプライベートの素顔について、お話を聞きます(10月20日配信)

小山リーナさん直筆サイン色紙を抽選で4名様にプレゼント!

キャンペーン期間中、タレントパワーランキングTwitter公式アカウント「@tpr_architect」をフォローし、対象のツイートに指定のハッシュタグを付けてリツイートして頂いた中から、抽選で小山リーナさんの直筆サイン色紙を4名様にプレゼント!

ご応募お待ちしております!

【応募締切】 2017年10月23日23時59分まで

小山リーナ(こやま・りーな)
公式サイト http://magipun.com
個人公式ツイッター https://twitter.com/Rina_Koyama_Box
所属事務所 ボックスコーポレーション
誕生日 2003年3月4日
出身地 神奈川県
趣味 ダンス、卓球、歌、ショッピング
特技 フェイクスイーツ作り、ダンス

オーディションで選ばれて、2016年から「マジカル・パンチライン」のメンバーとして活動。雑誌『LOVE berry』のモデルとしても活躍中。愛称は「りーな、こや」。メンバーカラーは緑。11月22日に同じくマジカル・パンチラインのメンバーである清水ひまわりとのイメージ Blu-ray『小山リーナ×清水ひまわり ひまわリーナの夏休み』が発売される。12月20日にはマジカル・パンチラインの2ndシングルがリリース予定。この作品では「ミュージックビデオ先行型楽曲制作プロジェクト」という新しい試みにチャレンジしている。

[公演名]
マジカル・パンチライン 2ndワンマンライブ “DANCE DANCE ROMANCE: PART I”
[日時]
2017年12月9日 11:30開場/12:00開演
[会場]
渋谷TSUTAYA O-WEST(東京都渋谷区円山町2−3)
[チケット]
前売:¥3,500 / 学生¥3,000 / 女性¥3,000
当日:¥4,000
オールスタンディング(女性限定エリア 有)
※ご入場時に別途ドリンク代(¥500)が必要です。
※4歳以上有料
※車椅子でご来場されるお客様は開場15分前にお越し下さい。
①LINE友だち先行受付期間
10/12(木) 20:00~10/18(水) 23:59
②ぴあ先行受付期間
10/26(木) 20:00~10/31(火) 23:59
③一般発売
11/9(木) 20:00~
[主催]
ボックスコーポレーション/ポニーキャニ オン
[企画制作]
ボックスコーポレーション/ポニーキャニ オン
[お問い合わせ]
ポニーキャニオン  03-5521-8077

関連記事
https://www.talentsearch.jp/talent_master/new_face/magical-punchline.html

小山リーナが12月発売の『girls!』次号にソロで登場

 今回のインタビュー記事の写真は、12月発売予定の『girls!』最新号(Vol.52)「girls! pick up」のコーナーに掲載される小山リーナさんの未発表カットです。『girls!』でのインタビューでは、タレントパワーランキングのインタビューとは話題のかぶりまったくなしで、ミュージックビデオ先行型楽曲制作プロジェクトについて、「好きな食べ物ベスト3」、ファッションに興味を持つようになった意外なきっかけなどに関するお話を聞いています。

現在、『girls!』Vol.51が発売中です(表紙・巻頭グラビア/小嶋真子=AKB48、グラビア/鈴木友菜、大友花恋、北原里英、NGT48研究生・奈良未遥ほか)。http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45704-9.html

girls!ツイッターアカウント
https://twitter.com/girls_idol

なお、小山リーナさんは、マジカルパンチラインのメンバーとして、2016年4月に発売された『girls!』Vol.47(表紙・巻頭グラビア/星野みなみ=乃木坂46)にも登場しました。バックナンバー発売中です。
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45609-7.html

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?