辞典オンライン
  1. 辞典オンライン

辞典オンライン

(袋帯)正絹 [二代目久保田一竹作/一竹辻が花]辻が花絞り 袋帯(美品):きもの翔鶴 - 02e85

2019-04-07

(袋帯)正絹 [二代目久保田一竹作/一竹辻が花]辻が花絞り 袋帯(美品)■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【商品説明】
正絹・二代目久保田一竹作[一竹辻が花]の袋帯です。
濃紫地に京紫や水色・ブルーなどの多色と絞りで辻が花が柄付けされています。
表地全体にも金糸で辻が花の地紋が入っています。
さが美ウルトラはればれ加工済みです。
一竹辻が花絞りの独特の風合いを醸し出される逸品袋帯です。

[久保田一竹]
1917年10月7日生まれ。
友禅師の小林清に師事。
戦後シベリア抑留から帰国後その研究に力をそそぐ。
「一竹辻が花」とよばれる技法を発表して注目をあびる。
1977年:初の個展を開催。以来、国内はもとよりヨーロッパ、北米においても展覧会を開催。
1990年:フランス政府より、フランスと世界に芸術的に影響を与えたということで[フランス芸術文化勲章シェヴァリエ章]を受賞。
1993年:文化庁より文化長官賞を受賞。
1994年:河口湖畔に自ら[久保田一竹美術館]を建設。
1995年6月より10月にかけてはカナダ・オタワ近郊のカナダ国立文化史美術館にて個展。
1995年11月〜1996年4月:現存作家の個展を過去一度も開催したことのないスミソニアン博物館にて個展を長期開催。
1997年:日本全国13都市にて巡回展を開催するとともに、7月には[久保田一竹美術館]の『新館』が完成。
2000年:ベルリンとウィーンにて個展を開催。その後、久保田一竹美術館での創作舞台と連作「光響」の制作に全精力を投入。 
2003年4月26日逝去。享年85歳。

[一竹辻が花]
1937年、久保田一竹は20歳の時に出会った古の「辻が花」の小裂に魅了され、いつの日かこの染を復活させたいという思いにかられる。 
その後、応召、終戦、そしてシベリアでの3年間に渡る抑留生活といった困難な時代を経、少しずつ「辻が花」の研究を開始。
1961年、現在の場所に一竹工房を開設し、ここを本拠地とし、本格的な研究に入る。 
翌1962年、自身の創意工夫、「度重なる重ね染め・重厚な絞り・独創的デザイン及び色調」を基調とした作品を「一竹辻が花」と命名。 
1977年、久保田一竹、60歳にして念願であった初の個展「久保田一竹展」が銀座ミキモトで開催。 
久保田一竹が20歳で出会って以来40年、ようやく「一竹辻が花」を世に発表。 
その後、国内外で多数の展覧会が開催され、「一竹辻が花」が開花。

[二代目 久保田一竹]
1955年生まれ。久保田一竹の長男。
一竹工房及び一竹美術館の代表。

◆色:濃紫
◆柄:辻が花
◆お太鼓(ポイント)柄
◆生地:正絹
◆長さ:4m53cm
◆芯入り仕立

【状態】
着用感もほとんど無く、目立つ染みや汚れなども無い美品です。

■仕立済み・リサイクル■

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
fukuro-bl


◆◇新品からリサイクル・中古まで。。着物や帯・和装小物が勢揃い。。◆◇

\30%OFFクーポン配布中】FINAL BARGAIN!

価格
298,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

スポンサーリンク

当サイトはリンクフリーです。各辞書の全てのページをご自由にリンクしていただいて構いません。

掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用は禁止致します。

Copyright (c) 2011-2016 辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る