タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

アルバム『SEVENTEEN』を発売する2000年生まれの現役女子高生アーティスト・吉田凜音

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

旬のアーティストインタビュー 吉田凜音(前篇)

 インディーズ時代からキュートなルックスと個性的な存在感で注目を集めていた吉田凜音は、2016年に上京して昨年夏にビクターエンタテインメントColorful Recordsからメジャーデビュー。10代を中心に高い支持を集めている。4月10日からオンエアが始まった、浜辺美波が出演するan「『an』があんじゃん!浜辺美波・ポプテピピック篇」のCMソングも担当している。4月25日にはフルアルバム『SEVENTEEN』がリリース。5月2日にMt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでワンマンライブが開催される。

 彼女が活躍するフィールドは、音楽にとどまらない。多くの雑誌に登場して、5月19日に開催されるGirls Award2018 Spring/Summerへのモデル出演も決まった。女優としてもこれまでに映画『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』『はらはらなのか』などに出演してきたが、さらに主演映画『〜harajuku story〜 ヌヌ子の聖★戦』が2018年冬公開。

 多彩な才能を発揮している吉田凜音は、このサイトも女優・モデルとしての可能性もひめた稀有な存在として、早くから注目してきた。

(2015年6月に紹介 https://www.talentsearch.jp/talent_master/new_face/yoshida-rinne.html

 

今回は、彼女の「17歳の、いまの声」を聞いてみたいと思う。

アルバムについて/音楽活動について
『SEVENTEEN』には、自分がやりたいことが詰まってます

――アルバム『SEVENTEEN』は、どんな作品ですか?

アルバムを出すことができるというのが、すごくうれしいです。『SEVENTEEN』というタイトルにしたのは、今の私の17歳は、子供でも大人でもない、不思議な年齢だなと思って。17歳だからこそ歌える歌を歌って、いつか将来、17歳のときにこういう歌を歌っていたんだなと振り返ることもできるかなと。自分がやりたいことが、いっぱい詰め込まれたアルバムになってます。

――特に、ここにこだわったという部分はありますか?

いろんな歌を歌いたいなって。いろんな表現がしたかったというのが、一番のポイントだったかなと思います。前回のミニアルバムはラップだけでしたが、今回はラップと歌を織りまぜた曲や、バラードだったり、いろんな曲が収録されています。

――音楽活動の魅力を、どういうところに感じますか。

ライブパフォーマンスのときには、音源から聞こえてくるものとは全然違う部分が見えてきているんじゃないかなと思っていて。振付も、4人のバックダンサーと自分たちで考えていて、凝ったものになってます。振付が付くことによって、さらに伝わるものが増えるというのが、私の歌の魅力かなと。

――いろんな場所でライブをやってきましたよね。

回を重ねるごとに、楽しいですね。ファンの人も、初めて聞く曲だったのが、何度も聴くうちにだんだん盛り上がるようになってきたりしているのを、ステージ側から見ていると、すごく楽しいです。衣装だったり、自分でプロデュースしている部分が多いので、それに対して「いいね」とみなさんが言ってくださるのが、うれしいです。

――音楽に関心を持ったきっかけは、何だったのですか?

小学1年生のときに、最初はダンスを習い始めました。小学生・中学生時代は北海道に住んでいたので、地元で毎年開催される「RISING SUN ROCK FESTIVAL」に、家族と一緒に泊まり込みで見に行ってました。フェスに毎年行くうちに、音楽の中にいて、小2で「歌っている人って、かっこいいな」と思って、自分もステージに立ちたいと思って、そこから歌手が夢になりました。

――そのころに夢見ていたことが、1つずつ叶っているのではないですか?

人生って、何があるか、わからないなと思いました。3年前にはラップを自分がやると思ってもいなかったですし、こうしてアルバムを出せるとも思ってなかったです。

――主演映画も公開されるんですよね。

表現者として、女優も音楽と似ている部分があるなと思います。役に入り込むのが楽しいので、これからもやっていきたいです。今回の映画は、10代のために作られる作品で、双子のように見えるけど血はつながっていない2人の間に、いろんなことが起きるという物語です。台本を読ませていただいて、とても面白かったので、早く撮影したいなと思います。今回はモデルさんの役なので、体を絞らないといけなくて、俳優さんはたいへんなんだなと実感してます。

――SNSでも同世代の人からの応援のメッセージがたくさん送られていますが、同世代の支持については、どう感じていますか?

うれしいですね。年齢が近いからこそ共有できることも多いので、今回のアルバムは同世代のJKにも聞いてほしいですね。

※後篇では吉田凜音の素顔に迫ります(4月26日配信予定)

吉田凜音さん直筆サイン色紙を抽選で4名様にプレゼント

キャンペーン期間中、タレントパワーランキングTwitter公式アカウント「@tpr_architect」をフォローし、対象のツイートに指定のハッシュタグを付けてリツイートして頂いた中から、抽選で直筆サイン色紙を4名様にプレゼント! ご応募お待ちしております!

直筆サイン色紙キャンペーンの詳細はこちらから

 

■吉田凜音 album『SEVENTEEN』
2018年4月25日発売

初回盤 CD+DVD(渋谷wwwワンマンライブ公演を60分にわたって収録&『サイダー』のミュージックビデオを収録)
3500円(税別)

通常盤 CD ONLY
3000円(税別)

吉田凜音(よしだ・りんね)
誕生日 2000年12月11日
出身地 北海道
公式サイト https://rinneyoshida.jp
公式ツイッター https://twitter.com/rinne1211
公式インスタグラム https://www.instagram.com/rinne1211/

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?