タレントパワーランキング

タレントパワーランキング|株式会社アーキテクト

ラストアイドル・中村守里が出演した『制服美少女情景図鑑』が発売 発売記念イベントも開催!

TV番組観覧・番組に参加したい人にお薦め!

(C)アライテツヤ(C)玄光社

旬の女優/アイドルインタビュー 中村守里 前篇

『ラストアイドル』(テレ朝系)から生まれたアイドルグループ「ラストアイドル」の派生ユニット「Love Cocchi」のメンバーとして活躍中の中村守里。2018年には主演映画『書くが、まま』で心の揺れをリリカルに演じて「MOOSIC LAB2018」最優秀女優賞を史上最年少で受賞するなど、女優としても注目を集めている。2020年陽春に劇場公開される映画『アルプススタンドのはしの方』にも出演が決まった。

 そんな彼女がモデルのひとりとして参加した、『制服美少女情景図鑑』(玄光社)が10月31日に発売される。『制服美少女情景図鑑』はセーラー服のブレザーなどの制服を着た4人の次世代女優を被写体に、物語が生まれそうな、さまざまなシチュエーションで撮影。若手女優・アイドルファン注目のオムニバス写真集であるだけでなく、ポートレート撮影、イラストやアニメーションの資料としても活用できる内容になっている。11月3日には東京・神保町の書泉グランデで、中村守里の出演による発売記念イベントも開催される。今回のインタビュー前篇では、『制服美少女情景図鑑』撮影時のエピソードを中心に、現在撮影中の映画『アルプススタンドのはしの方』についても話を聞いた。

 

(C)アライテツヤ(C)玄光社

『制服美少女情景図鑑』は、私のいつもとは違う部分も出ていると思います

 

──『制服美少女情景図鑑』に出演するというお話を聞いたときに、どう思いましたか?

私は写真を撮るのは好きですけど、撮られるのは苦手なんです。でも、昔から写真集に憧れがあったので、うれしかったです。

──撮影はどうでしたか?

素でいられて、楽しかったです。印象に残っているのは、シャボン玉を吹いている姿を撮っていただいている写真です。小さい頃にはよくシャボン玉を吹いていましたけど、久しぶりにやってみたら全然吹けなくて、肺活量がないんだなって。写真にも、ほっぺたが膨らんでウシガエルみたいになっているところが映っています(笑)。

──写真を撮られているときは、ラストアイドルの活動をしているときとも、演技のお仕事をしているときともまた気持ちが違いましたか?

違いましたね。アイドルの活動をしているときは、衣装を着ているというのもあって、曲に合わせた雰囲気になりますし、演技をしているときにはカメラを意識しないようにしているので。しかも、今回は衣装が制服だったので、気持ちが全然違いました。私のいつもと違う部分が、出ているんじゃないかなって思います。

──衣装として着た制服は、どうでしたか?

可愛かったです。それに紺と赤の2色の制服を用意していただいて、うれしかったです。

──物語を想像できるような、いろんなシチュエーションで撮影するというのが、『制服美少女情景図鑑』のコンセプトですが、撮影をしながら、中村さん自身もイメージが湧いてきましたか?

はかなさも感じました。撮影は埼玉県で行われましたが、まわりが大自然で、撮影場所にお借りしたのが1年前までは実際に人が住んでいた古民家で、おばあちゃん家みたいな雰囲気があって、落ち着きました。

(C)アライテツヤ(C)玄光社

──小さい頃、夏休みにおじいちゃんやおばあちゃんの家に遊びに行った思い出はありますか?

おじいちゃんの家が九州で、東京からは遠いんですけど、行くたびに、びっくりするくらいにたくさんのおやつや料理を用意してくれて、おいしくて全部食べてしまうので、東京の家に戻ってくると数日ごはんを食べなくてもいいと思ってしまうくらいで(笑)。

──11月3日には、『制服美少女情景図鑑』の発売イベントも開催されるんですよね。ふだんラストアイドルの握手会とは違って、今回はひとりだけの出演です。

ラストアイドルで活動しているときはまわりに何十人もメンバーがいますが、今回はひとりなので、私が心細くならないように、ぜひたくさんの方に来ていただきたいです(笑)。

──来年公開の映画『アルプススタンドのはしの方』に、6月に上演された舞台版に続いて同じ役で出演することになりましたが、映画の撮影現場は、どんな雰囲気ですか?

舞台で仲良くなった共演者も多いのでやりやすいですし、映画から新しく加わってくれた平井(亜門)さんもすぐになじんでました。舞台版とは、似ているけど違う部分もあるので、注目してほしいです。野球場で撮影していますが、「こんなに広いんだな」と。舞台の上とは違って、より想像が膨らんで、演じやすいなって。

──演技をすることについては、どんな魅力を感じていますか?

演じている最中は楽しいですけど、今はまだ、うまくできなくて悩むことも多いですね。でも、最近はまず自分が思った通りにやってみることが一番大切かなと思って、前向きにがんばっています。演技をやっていると、知らないうちに気持ちが動いているときがあったり、気がついたら、その役になっていたりするのが、面白いです。ふだんの自分とは感情が出ているのが、魅力的ですね。

後篇ではラストアイドルの活動に関して、そしてさらに素顔の中村さんについて、お話をうかがいます(10月15日配信)。

■制服美少女情景図鑑


発売元/玄光社
定価2500円+税
2019年10月31日発売
撮影/アライテツヤ
出演/竹内詩乃・出口夏希・中村守里・畑芽育(五十音順)B5判 176ページ
ISBN:978-4-7683-1247-6

教室、通学、部活、橋、屋上のシチュエーションなど、女子高生の日常動作を多彩なアングルから背景ごと捉えたポーズ集です。次世代女優として期待される美少女4名をモデルに「夏」のワンシーンを演出。誰もが経験するような青春の1ページを再現したポーズ集になります。(玄光社HPより)

Amazon注文受付
https://amzn.to/35lq7bq

◎発売記念イベントを開催!
「制服美少女情景図鑑」発売記念イベント
中村守里サイン本お渡し会

11/3(日)12:00~、東京・書泉グランデ(神保町)7F
出演/中村守里

イベントの内容
・サイン本お渡し会(事前サイン済み)
・オリジナル生写真プレゼント
※今回は複数購入特典はありません。
(ご本人の写真集ではないため)

イベント参加券の発券場所
【店頭受付】書泉グランデB1F 2019年10月13日(日)10:00~(イベント当日まで)
【電話・メール受付】2019年10月13日(日)13:00~10月22日(火)21:00
電話 03-3295-0017(直通)※営業時間(平日)10:00~21:00(土日祝)10:00~20:00
メールでのお申込み
https://www.shosen.co.jp/event/108507/
玄光社HP
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=20170

中村守里(なかむら・しゅり)
誕生日 2003年6月14日
出身地 東京都
所属事務所 太田プロダクション
公式サイト https://www.ohtapro.co.jp/talent/nakamurashuri.html
公式ツイッター https://twitter.com/nakamura_shuri
公式インスタグラム https://www.instagram.com/nakamura_shuri/

 

この記事を書いた人

高倉文紀(たかくら・ふみとし)
筆者プロフィール

女優・アイドル評論家。『日経エンタテインメント!』『girls!』などの雑誌で女優やアイドルを取材・分析。そのほか、週刊誌やテレビ番組へのコメント、映画劇場用パンフレット執筆、企業や芸能プロダクション向けの分析レポート作成なども行なう。
著書に『美少女を探せ』(JICC出版)、『テレビドラマの仕事人たち』(共著・ベストセラーズ)、『少女小説』(共著・双葉社)など。

コメントタイトル

*
*
* (公開されません)

空いた時間でモニター体験してみませんか?